稲沢中央ボーイズの足跡

平成7年夏にチーム発足しました。少ない人数で、指導者、父兄で協力しグランドの確保、道具の調達等、非常に厳しい中、練習に励んだ時期です。
本当に苦しいチーム事情の中、翌年、ボーイズリーグに加盟させて頂き、試合ができるようになりました。その当時の支部長には大変感謝しております。子供達の夢を叶えてくださり本当にありがとうございました。当時、練習試合も中々できなかったのですが、Cボーイズ(当時の代表)さんが練習試合を引き受けてくださった事、本当にうれしく、今でも忘れません。ここからが稲沢中央ボーイズの始まりです。
当時の、支部長、事務局長の方々には本当に感謝しております。
練習・練習の日々が多かった選手達は、真新しいユニホームに袖を通し、試合ができる喜びを初めて知ったことでしょう。
指導者・保護者もこの喜びは、一生忘れられない時だったに違いありません。
苦しい日々が多かった分、喜びは倍増です。
ナゴヤドームでの開会式、このようなすばらしい場所で、入場行進ができた事は、選手にとって一生の想い出になるでしょう。
将来、この場所で、プレーできる選手が・・・
創部1年で栄冠!
優勝ではないが、東邦ガス旗兼全国地区予選3位になりました。首にかけてもらったメダル最高でした。